2012年04月09日

4月7日(土) 神戸新聞に高砂町空き家・空き店舗プロジェクトの記事が掲載されました!

4月7日(土)
神戸新聞に高砂町空き家・空き店舗プロジェクトの記事が掲載されました!
http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/0004951271.shtml
↓↓
ーーー以下本文ーーー

「空き店舗をアトリエに 古い町並み活用 高砂」

歴史を感じさせる街並みが残る兵庫県高砂市高砂町界わいで、空き家や空き店舗を作家の工房などに活用するプロジェクトが進行中だ。2番目の入居となる鉛筆画家市川裕隆さん(33)が8日、銀座商店街でアトリエをオープンする。町内を流れる堀川と、まっすぐに伸びる道路をイメージした外観にし、地域に根ざした活動拠点にしたいとの思いを込めた。

 碁盤の目状に道が通る同地区は、伝統的な民家が密集し、舟運が盛んだった時代の面影を残している。プロジェクトは、高砂商工会議所などが主体となって運営。入居第1号として2月に革作家鈴木恵美さん(31)が、オーダーメードのかばんなどを販売する工房を高砂町北本町に開いた。

 続いての入居となる市川さんは、地域活性化の趣旨に賛同し、同市米田町からアトリエを移す。「作品だけでなく、制作風景も見てもらいたい」と話す。

 アトリエの外観は、加古川市出身で武蔵野美術大造形学部の山本雅文さん(20)がデザインし、高砂市を拠点に活動するプラスチック工芸作家折井匠さん(33)らが手がけた。青い看板は堀川を、黒い線は県道や市道をイメージ。矢印が上向きの道路標識に「地域が右肩上がりになるように」との願いを込めた。

 8日は、市川さんの作品展を午前10時から午後5時まで開く。プロジェクトの問い合わせは事務局(高砂商工会議所)TEL079・443・0500

(神戸新聞・三浦拓也)

posted by 高砂町空家・空店舗対策プロジェクト at 09:32| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

第4次 空き屋空き店舗活用者募集スタート!!

第4次 空き屋空き店舗活用者募集スタート!!


高砂町 空き屋・空き店舗プロジェクト
第4次 空き屋空き店舗活用者募集スタート!


本日より、
下記1物件の入居者を募集いたします〜!!
*物件が増え次第、こちらのホームページにてご紹介させていただきます*


NO.3-4
商店街中。お花屋さん跡物件

*アーティストや、町の活性化に貢献度が高い方のご応募をお待ちしております。


◆募集から入居までの流れ◆

@2012年4月6日(金)
第4次・入居希望登録申請締め切り(面談応募締切)

*上記募集物件へ入居希望される方は4月中旬日に開催される面談を受けていただきます。(詳細面談日程はお問い合わせください。)
面談ご希望の方はコチラより入居希望登録申請書をダウンロードを頂き、
必要事項ご記入の上、余白に「4月中旬面談希望」とご記入の上、4月6日までに下記メールもしくはFAX番号へお送りください。
(*他日程での面談ご希望の場合応相談)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
送付先メール:amano@takasago-cci.or.jp
送付先FAX:079-442-0369
郵送・ご持参先住所: 〒676-8558
 兵庫県高砂市高砂町北本町1104
高砂商工会議所内
 「高砂町 空き屋空店舗活用プロジェクト」
問合せ先電話番号:079-443-0500

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



A4月中旬 面談(&物件見学)
(午後より開始。詳細の日時はおってご連絡いたします。)
*物件見学について*
★プロジェクトの理念に合うアーティスト・事業者の方は面談後物件をご案内いたします。★



B4月30日(祝)入居申請締切
物件を見学頂き、入居したい物件が見つかった場合、
4月30日までに入居申請書をメールもしくはFAX(郵送可)にて高砂商工会議所までお送りください。
*入居申請書は物件のご案内後にお渡しいたします*

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
送付先メール:amano@takasago-cci.or.jp
送付先FAX:079-442-0369
郵送先: 〒676-8558
 兵庫県高砂市高砂町北本町1104
高砂商工会議所内
 「高砂町 空き屋空店舗活用プロジェクト」
問合せ先電話番号:079-443-0500

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



C★2012年5月中旬入居決定通知
(詳細日程はおってご連絡します。)★

入居申請頂いた方に直接事務局よりご連絡申し上げます。
その後、家主さんと賃貸借契約を行っていただきます。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


今回ご希望の物件がなかった場合でも、
プロジェクト理念に賛同頂いた上で、
高砂町でアート活動、カフェ、ショップ等を行いたい方々の
登録を随時行っております!入居申請登録はコチラの用紙をダウンロードし、
必要事項をご記入の上
までFAXもしくはメールでお送りください!

送付先メール:amano@takasago-cci.or.jp
送付先FAX:079-442-0369


次回募集の際、または、ピッタリの物件等が見つかった場合、
事務局よりご案内させていただきます。



★暴力団関係者は堅くお断りいたします★


posted by 高砂町空家・空店舗対策プロジェクト at 14:42| 第4次 空き屋空き店舗活用者募集スタート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

高砂町の家主様


高砂町の家主様空き家・空き店舗募集


「高砂町空き家・空き店舗活用プロジェクト」では、空き家・
空き店舗を低家賃でアーティストの工房・アトリエ・ショップなどに
貸出しする人を応援する事業を展開しています。



町の中に空き家が増える、なんとなく活気がない感じがしたり、防災や治安面での
不安がでてきます。また老朽化した空き家は瓦の落下事故や、庭に草が生えて蚊が
発生するなどでご近所の迷惑につながる可能性もありえます。

そこでこの度、高砂商工会議所・高砂市観光協会は高砂町活性化運動を推進されて
いる各種団体や行政の協力の元、「高砂町空き家・空き店舗活用プロジェクト」を設立し、
高砂町に点在する空き家・空き店舗を、お店を持ちたいと思っている人、
また活動場所を探しておられる市民団体や文化活動団体、
アーティスト(芸術家)などに貸し出すことを提案する事業を開始することとなりました。

今後は、新聞や地元のケーブルテレビやラジオなどのメディアにも広くその活動を告知し、
少しでも成果が出るよう努力して行こうと考えているのですが、現状は借りたい人に対し
て紹介できる空き家・空き店舗物件がまだまだ少ないというのが状況です。
そこで、空き家・空き店舗などの所有者を広く募集し、この事業へのご協力をお願い
したいと思っております。



ご連絡いただければ、物件を取材させていただき、当サイトで紹介いたします。
まちづくり事業の一環として、
紹介料などはいっさいかかりません。


今すぐコチラの申請書をダウンロードの上、
下記事務局までFAXください〜!!


★詳細問い合わせ先★

問い合わせ先:高砂商工会議所内
       高砂町空き屋・空き店舗活用プロジェクト


住所:兵庫県高砂市高砂町北本町1104
電話:079-443-0500
FAX.079-442-0369

★ご不明な点等お気軽にお問い合わせください!!★





★物件貸し出しの流れ★


1. 連絡くだされば、まずどんな物件なのかを見にいきます。
本プロジェクトの条件に合う物件でしたら、当ホームページで掲載するため取材をさせていただきます。


2.間取りや外見や部屋の様子などを取材し当ホームページで紹介します。掲載の際に貸し出す条件なども載せたいので、できるだけ決めておいてください。たとえば、2年だけとか、家賃は交渉とか、水道がきてないとかでもかまいません。そんな条件にあう人が必ずいると思うのです。


3.当ホームページをご覧になった方から連絡が入りますのでマッチング成立なら具体的な契約に入ります。当方はマッチングするまでの事業なので後はお互いのやりとりとなります。
賃貸借に関する契約書等の雛形はこちらで提供する事も可能です。


4.めでたく契約成立!当方は不動産屋さんではありませんので手数料等のお金は頂きません。


posted by 高砂町空家・空店舗対策プロジェクト at 10:44| 高砂町の家主様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。