2012年01月15日

【神戸新聞掲載記事】空き物件を創作拠点に 高砂市の高砂町界わい

本プロジェクト、第一号店となる、
鈴木恵美さんの皮製品の工房&ショップの記事が、
1月9日神戸新聞に掲載されましたexclamation×2

ーーーーー記事紹介ーーーーーーー

空き物件を創作拠点に 高砂市の高砂町界わい

昔ながらの家並みが残る高砂市高砂町界わいの空き家・空き店舗を、作家のアトリエやカフェなどに活用するプロジェクトが、本格的に動き出した。これまでに2人の作家が、町内に創作拠点を構えることを決め、準備を進めている。関係者は「従来の街並みを生かしながら、地域の活性化につなげたい」と期待する。(三浦拓也)

 プロジェクトは、高砂商工会議所などが主体となって運営。地元で空き物件を募集するとともに、創作の場を求める作家らの参加を昨年8月から呼びかけてきた。

 オープン第1号となるのは、オーダーメードのかばんなどを手がける革作家鈴木恵美さん(31)=同市荒井町。築40年という木造2階建ての民家を借り、工房として使い、販売もする計画だ。町と建物のレトロな雰囲気が気に入ったという。

 プロジェクト高砂部会のメンバーで、プラスチック工芸作家の折井匠さん(33)は「作る人、見る人、買う人が集い、町がにぎやかになればうれしい」と話す。

 商議所のプロジェクト事務局は「いずれは市内全体に活性化の取り組みを広げたい」としている。事務局TEL079・443・0500

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


鈴木恵美さんブログはコチラ★http://mimibag.exblog.jp/
posted by 高砂町空家・空店舗対策プロジェクト at 15:11| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。